コロナウイルス

コロナ禍のシンガポール・チャンギ空港【2020年7月】

前回の記事

アメリカからシンガポールへ【2020年7月】

シンガポール・チャンギ空港に到着

サンフランシスコから経由地の成田を経てシンガポール・チャンギ国際空港に到着。ANAはターミナル2から1に変わっていました。エスカレーターでイミグレの階に下るとプラスチックの椅子と簡易テーブルが並んでおり、そこでコロナホテル待機の手続き。私は国民・永住権保持者のレーンへ。

・パスポートと永住権カードを提示。

・事前にオンラインで提出した健康診断書の確認メール画面を表示。

・14日間のホテル待機に関して注意事項が細かく書かれた紙を渡される。

・左胸に黄色いシールを貼られる。(ホテル待機が必要な国からの帰国者という意味)

そして

・ホテル待機中、何かある場合この書面にあるホットラインに掛けてください。

・SMSでGPSによる位置情報確認が1日2-3回あります。位置情報をオンにしておいてください。

との注意事項が。次に通常の入国審査です。いつもの自動化レーンは使えず、シンガポールで久しぶりに係員による入国。マスクを取れとも言われず、かなりスピーディー。

入国チェックは念入りに

ターンテーブルのところに行くと係員がおり、胸元にある黄色シールを確認し、同じシール同士ばかりのグループに集められました。そして30分ほど待機。途中、グループの中の一人がお手洗いに行こうとしたところ、セキュリティに止められていました。トイレにも行けないのか…(機内で行っておいてよかった)これはセキュリティの裁量によるのかもしれません。そして10名くらい集まったあと、一列になり、バスが停まっている場所まで行進。人との間隔を2メートルくらい空けながら両横にはセキュリティが20人くらい私たちを監視。かなり緊迫した雰囲気でした。囚人になった気分。夜中だったからかな?

厳重態勢でホテル移動

バスの中に入ると、自ら間隔をあけながら着席。運転手に「どこに行くの?」とも聞かず、皆さん大人しかったです。私も合計20時間以上のフライトで疲れ果てていたので、とにかくシャワーに入って寝たいという一心でした。バスはECP(イーストコースト高速)を西に向かって走り、行先はダウンタウンかセントーサかな?と思っていた矢先、ブギスで降りたのでダウンタウン確定。

ビーチロード沿いを通り、老舗ラッフルズホテルが見えたので、まさかここはないだろうと思いながら、少し期待を寄せましたが案の定違いました。笑到着したのは、ラッフルズ対面にあるJWマリオット。マリオットはビジネス客が多いホテルという印象なので、ほっとしました。作業しやすいデスクや、USBポートなどが充実しているからというだけの理由ですが。笑ホテルに入る前にハンドサニタイザーを渡され、私たちは保菌者かもしれない。「要注意人物」という自覚を得ます。

ホテルのチェックインは、それはそれは独特な方法でした。

それでは乞うご期待♡

アザラシ

アメリカ大学合格→椎間板ヘルニア発症。前職は外資系航空会社。ヘルニア悪化のため、現在実家でアザラシのような生活を送っています。早くアメリカで勉強したいよー!!さて、どうなることやら。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。