エアライン

コロナ禍のシンガポール・チャンギ空港

今回はよく行くチャンギ空港についてレポートしますね。

コロナ禍のチャンギ空港

ご存知の通りシンガポール・チャンギ空港は発着便の数でも世界有数を誇ります。しかしコロナ禍によって大幅に便数が減ってしまいました。現在シンガポールに入国できる外国人は労働許可証を持っている人と制限しており、観光客は一切入国できない状態です。(2020年8月現在)

現在ターミナル1の便数はご覧の通り!

f:id:emi_neee:20200829171111j:image

す…少ない!

個人的には、なぜパプアニューギニアのポートモレスビー便がまだ運行しているのかが謎です。果たして行き来する人がいるのでしょうか。もしくは政府系の航空会社だから、国のサポートがあるから運行できているということでしょうか。

それにしても使用していないモニターが多すぎること!特に近距離線が大幅に少なくなりましたね。なぜかインドやフィリピン線は相変わらずご健在。シンガポールの工事現場などで働くワーカーさんや、メイドさんがの帰国が多いからでしょうか?元々これらの国は海外出稼ぎ人数が多いので、その用途のフライトがたくさんありました。今も最低限残しているんでしょう。

出国しても帰国時に14日間の隔離必須

シンガポールは、入国する人全員に対して自宅またはホテル等での隔離を命じています。自宅の場合はベトナムやブルネイなど比較的感染が広がっていない国からの渡航者。それ以外の国、例えばタイのバンコクへ行ったとしたら、バンコクで14日間の隔離、そして帰星時にまた14日の隔離が言い渡されるのです。しかもホテル隔離になった場合、2020年3月28日以前に出国した人以外は実費に。(およそ2000SGD)しかもこれは国民・永住者のみのケースで、労働許可証を持っている人はどちらでも実費を払わなければならないのです。

だから海外に出るだけでものすごくお金と時間がかかるし、このコロナ禍下いつ法律がどう変わるかも分からない。今は下手に海外に出ない方が良いのかもしれませんね!

じゃあ空港の機能はどうなるの?

元々チャンギ空港は乗客のみならず、シンガポールに住んでいる人たちの憩いの場でした。週末レストランに食べに行ったり、飛行機が見える展望デッキに子供を連れていったり、十分エンターテイメントの場として機能していました。私もCAになる前は家が近かったこともあり、夕食を食べにいく場所ベスト1だったような記憶が。

更に2019年に併設する大型ショッピングセンター「ジュエル」がオープン。ますます空港へのお客さんが増えました。映画館ができたので完璧にモールの機能を果たしています。

コロナ禍の後でも、お客さんの数は衰えることなく、むしろ前より多い気がするのは私だけ?今のところ国内で発生する市中感染は1日5人以下ですし、人々は問題なく外出しできています。

チャンギ・リワードカード

そこで前から登場していたのが、チャンギ空港のポイントカード、

チャンギ・リワードカード。

このカードを空港やジュエルで提示すれば、毎回10ドル以上のお買い物には消費税がつきませんし、更にポイントが貯められてマイレージに加算したりできたりします。その他にも時期によってプロモーションがあったり空港近くに住んでいる人にはお得かもしれませんね。アプリをスマホに登録することもできますよ!注意すべきところは、アップルストアなどの一部の店舗では使えませんでした。大きな買い物をする場合は事前に調べておいた方が良さそうです。

コロナ禍でも空港へ!

そんなこんなで便数は大幅に減りましたが、空港では未だエンターテイメントが充実!しかも通い続けるとポイントが貯まってお得ですし、空港の雰囲気を味わえるし、普通の混雑しているモールに行くよりは楽しいかと。ホテル待機の人たちをエスコートする際に立ち塞がるセキュリティの素の姿(寝ている)も見ることができますし。

空港…結構面白いですよ!!

アザラシ

アメリカ大学合格→椎間板ヘルニア発症。前職は外資系航空会社。ヘルニア悪化のため、現在実家でアザラシのような生活を送っています。早くアメリカで勉強したいよー!!さて、どうなることやら。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。