シンガポール

アメリカBビザ申請と現地での対応

イラン渡航の理由

2017年6月にイランへ行きました。大学時代からずっと行ってみたかった遺跡がメイン。しかしその頃はイランは今以上に宗教の戒律を厳しくしており、旅行者でも「女性は父親もしくは夫の同伴が必要」とのルールがあったので行くことができなかったのです。しかし今回、女性単独でも入国が可能となったので、訪れることにしました。

このままではアメリカに入国できない

2015年、オバマ政権は「2011年以降にイラン、北朝鮮、スーダン、ソマリア、イラクなどの国を訪れた全ての国籍の人たちは、アメリカに入国する際ESTAでは入国不可」とのお達しが出ました。

アメリカに入国できないかもしれない!

そう焦った私は、「どうやったらアメリカに入国ができるか」調べました。そこでBビザを所持している場合はアメリカに入国可との情報が!このビザは中国やベトナムなど、ESTAで入国できない人たちが所持するビザです。ESTAより突っ込んだ質問の箇所がある、申請時に面接が必要…とESTAと比べて敷居が高い印象。しかしこれしか方法がなかったので、在シンガポール・アメリカ大使館で申請することにしました。

アメリカ大使館で面接

結構厳しく質問されると思っていたので、回答の準備をして挑みました!

アザラシ

アメリカ大学合格→椎間板ヘルニア発症。前職は外資系航空会社。ヘルニア悪化のため、現在実家でアザラシのような生活を送っています。早くアメリカで勉強したいよー!!さて、どうなることやら。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。