シンガポール

シンガポールで初めて警察を呼んだ話

序章

シンガポールに住み始めて早8年。

今まで訪れた国の中で、一番治安が良いと感じられるこの国。特に罰則が厳しいので、殺人事件など起こせば死刑だって有り得る場所。特に麻薬関係はとても厳しく、所持より密輸が極刑に科されるという話も。

そんな国でなぜ警察のお世話に…?

それは…

騒音

です

特に私が住んでいるマンションはスタジオルーム(日本でいうワンルーム)が多く、一人暮らし世帯が多いのです。なので生活音はあまり聞こえず、近所の人たちは本当に静か。

でした。(過去形)

なんと今年2月に新しい住人が引っ越してきたのです。見るからにちゃんとしてそうな人。

ズンチャカ騒音

やはり人は見た目ではないようです。

まずテレビの爆音から始まり、生活音までもが徐々に近所の住人を困らせていきました。彼は夜型らしく、大体1−2時に就寝し、9時半頃に起きる模様。テレワークなので通勤時間がないよう。そこまで分かるくらい生活音が聞こえるんです。それなのに反対側の住人はとても静かというギャップ。

毎晩のように彼の出身国と思われるお国の映画音楽が爆音で再生。

なぜか通気のためなのか、ドアをいつも開けたまま。それで爆音が廊下に漏れているのです。それで同じフロアの近所中の人たちが困っていました。

更に朝シフトだと、5時半起きの私は21時頃にベッドに入ります。その時間はまだ彼にとってゴールデンタイム。ズンチャカズンチャカと陽気な爆音が流れてきます。

そして遂に

金曜日の夜、私は翌日朝シフトだったので、21時に寝なければなりませんでした。寝る用意を終え、メラトニンを服用してさぁ寝ましょうとしたところ…

 

♪ズンチャカ♪ズンチャカ♪

 

また爆音発生。

2時間くらいは猶予を持たせてあげようと思い、ひたすら我慢していましたが、

そのうち彼の仲間が加わりお腹の底から出るような声でトーク開始

お酒を飲んでいる感じでした。2月から我慢してきて遂に切れてしまい、セキュリティがいるオフィスへ。するとうちのマンションは元から適当な管理体制なので、コロナ禍のせいで夜間はセキュリティがいなくなっていました。

困っているところに、別棟の住人登場。

困っているんだったら警察に通報したらいいよ。

avatar

別棟の住人

と、騒音対策用の番号を教えてもらえました。

警察官到着

約40分後、男女二人の警官が現れました。隣の騒音男たちは驚いたようで、何が悪かったのか分からない様子。騒音が普通の国で育ったんでしょうか!?警官たちは男の連絡先を聞き、

今回は警告にしますが、次にまた通報が来たらポリスレポートを発行します。

avatar

警察官

とのこと。(隣でこっそり聞いていた)

付近住民から何度も苦情が来ていたようで、警察も呆れ顔でした。騒音男は意外と素直に事実を受け入れ、以後このことがないよう気をつけると言い残し、

長いこと開けたままのドアを(遂に)閉めました。

その後

騒音は無くなりました。

騒動があった翌日、一連の出来事を大家さんに報告し、大家さんがマンションの管理会社に報告。すると既に苦情が何件か来ていたようで、遂に彼の部屋のオーナーに通告したとのこと。

さすがに彼の大家さんまで知ってしまうと、追い出される可能性があるので観念したんでしょう

外国人だし、住む場所がなくなったら次を探すのが大変なのかな?

それにしても長いこと我慢せず、すぐに言えばよかったです。その度に仕事に支障をきたしていましたし、私の睡眠を犠牲にすることはなかった。シンガポールでは22時半から7時まで騒音がある場合、警察に通報して良いことになっています(詳細はコチラ

本当にこの制度があって助かりました。私も気をつけることにします。

それではまたー!!!

MIMI

シンガポール8年目永住者。外資系CAですがコロナで仕事が激減し、ワクチンセンターで働くことに!これからどうなることやら。日々奮闘中♡

おすすめ