エアライン コロナウイルス シンガポール

コロナ禍!アメリカ✈️シンガポール・フライト体験記

皆さん初めまして!今回、アメリカのサンフランシスコからシンガポールへ戻ってまいりました。コロナ禍中の真っ只中、強制隔離や、日本(成田)乗り継ぎのことなどを書きました。

渡米してから早4か月。観光ビザで滞在していたので、9月末までアメリカにいられたのですが、シンガポールでお仕事の紹介があったので戻ってきました。

コロナで減便

3月末に直行便のユナイテッド航空はまだ運航されていません。次回の運航予定は未定とのこと。しょうがないので、成田経由の便を使うことになりました。うちの航空会社ではIDチケットといって世界各国ほとんどの航空会社のフライトを9割引きくらいのお値段で利用できます。しかし通常の乗客のように「予約確定」されたものではなく、スタンバイといって、席に空きがあれば乗れる仕組み。今回コロナ禍で乗客が少なかったので必ず乗れました。

利用する航空会社によって、毎回扱いが異なるのでドキドキです!特に評判がいいのがA社さん。席に余裕がある場合、出国前のカウンターで席番号付きのチケットを発行してくれます。その他ほとんどの航空会社は、SBYといって、席が不確定のまま発行。ゲートにいって、席がアサインされるケースが多いです。

すると

サンフランシスコ国際空港のカウンターで…

荷物問題勃発

地「コロナの影響で、乗継便を利用する場合は荷物のチェックインができません。」

ええええ?

地「荷物を預けたいのなら、日本に入国し14日間自宅待機となります。」

そんなあああああ!

まぁコロナ非常事態だから厳しい措置になってしまったのだろうか。

7月14日追記

航空会社に問い合わせたところ、IDチケット(スタッフ)のみ、預け入れ荷物は成田までしか送れないとの事です。よって一回日本に入国し、荷物を受け取ってから再度チェックインしなければなりません。IDチケットは第一区間のみの予約となり、その場で第二区間の予約は確定できないため。(満席で乗れない場合があるから)今回コロナの影響で、日本入国するとなると14日間の自宅待機が必須となり、すぐシンガポールに飛ばなければならなかったので、預入れ荷物は断念しました。

しょうがないので、本当に必要な薬やコンタクトレンズなどを取り出し手荷物に移しました。残りの荷物は送りにきてくれた友人に持って帰ってもらい、部屋に置いてもらっています。感謝感謝!!手荷物でキャリーバッグ持っておいてよかった…

成田空港で乗り継ぎ

今回、コロナの影響か成田到着後に降機する際、

・国際線乗り継ぎの人が最初に降機

・次に日本に入国する人(多分PCR検査やら誘導される)

降機後、グランドスタッフさんに次の便のチケット提示を求められたので、まだ発券してもらっていない旨をお伝え。予約確認票を見せ、そのまま出発ゲートまで案内されました。通常、香港や台湾では「国際線→国際線」の乗り継ぎの場合、また荷物検査があるのですが成田はそれを実施していないのでしょうか

国際線ゲートへ。乗り継ぎ発券カウンターへ行くと…

 

次のフライトの発券お願いします。

 
 

パスポートとシンガポールに滞在しているビザを見せてください。

 

言われた通り、パスポートと永住権カードを提示しました。

…。これ永住権ですか?

 

確かにシンガポールの永住権カードにはPermanent Residenceの文言がありません。当然永住権なので有効期間の記載がない。それに混乱したらしく、いろんな人に確認を取り始めました。

待つこと10分。

普段、感情的にならないほうなので怒りもせず。それでも彼女は失礼な態度なまま。同業者だし、気を使ってニコニコして待っていたのが…やっと発券できたらしく、

搭乗時刻まで遅れないでください!

 

と言われただけ。

お待たせしましたとかないのか…通常スタッフチケットで予約したら、どこのグランドスタッフさんでも親切にゲートの案内とかしてくれるのに。(最初の便のSFOでもそうでした)自分の国に戻ってきて、こういう扱いを受けるのが悲しかったです。私の第一印象が悪かったのでしょうか…

マツキヨで爆買い

気を取り直してゲート近くにあるマツキヨへ。飛行機に乗っていた時代は、月に3-4回日本に行く機会があったのでその都度必要な分だけ購入していましたが、今回はいつ次に日本に行けるか分かりません。(今思えば優雅だった…)日本プライスで免税でお買い物できるため、かなり買いだめをしました。お店前でアネッサの試供品もらっちゃった!従業員が東南アジア系の人で、日本語ペラペラ。最近日本でも外国人の方が増えましたよね。頑張ってほしいです!!

偶然元同期と再会!

いよいよシンガポール便に搭乗です!6時間半のフライトだし、もうずっと寝ていよう。CAさんたちはマスク+ゴーグルで防御。だから顔がよく分からない。しかし偶然なことに…バンコクでCAしていた時代の元同期にバッタリ!!大変失礼なことに、私はフライト中ほとんど爆睡。元同期がお食事をサーブしてくれたのですが、お互いマスク姿なので気づかず。キャビンセキュアの際にメッセージを書いたポストカードを渡してくれました。

同「〇〇だと思って、マニフェスト確認したの!やっぱり〇〇(私の名)だった!!」

私「えええ!今A社さんにいるのーー!!!ほんっと偶然!」

時々こういうことが起こります。イランに行ったときも、偶然里帰り中の同僚と遭遇したし。元同期たちは現在世界各国さまざまな航空会社にいるのでまだ活躍している彼女たちを見るのが本当に嬉しいです!!

シンガポール・チャンギ空港に到着

久しぶりの職場。いつも人が行きかっていた華やかな場所が、ゴーストタウンのようになっていました。本当に悲しい光景。私は14日以内にアメリカ滞在歴があるのでそのままホテルに連行されることに。続きはまた次回。

それではまたー!!

コロナ禍のシンガポール・チャンギ空港【2020年7月】

(Visited 39 times, 1 visits today)

おすすめ