シンガポール

エアポートラウンジ活用術

シンガポールのチャンギ空港は第一ターミナル。併設するショッピングセンター「ジュエル」の中にこの施設はあります。航空券がない人でも気軽に利用できて、しかもカフェなどで仕事をするより効率的でした。

チャンギ・ラウンジ

第1ターミナルの到着ロビー階にあります。併設ショッピング施設「ジュエル」内にあり、近くにはアーリーチェックイン施設などがあり、本来は搭乗客が早めのチェックインをして時間を潰す場所だったんでしょう。今回はコロナ禍を受けて、ターゲットをテレワーク業務をしている人にしたようです。今回少し値上げしてしまいましたが、それでもカフェで2時間過ごすよりは少しはお得でした。

私は今回2時間のパッケージを利用しました。2時間で15シンガポールドル。チャンギリワードカードを使って10%引きになりましたので、13.50ドルとなりました。それで飲み物と大きなチョコクロワッサンつき。しかもアツアツをサーブしてもらえ、スタッフは他のカフェと違い教育されているレベル。普通のカフェよりお安いかも?しかも周りは仕事をしている人達ばかりで静かだし、皆さん一人で集中している人が多かった印象。周りのうるさいおしゃべりやコーヒーメーカーの騒音に害されることはなかったです。

カウンターでオーダー

まず自分で席を決めて、飲み物のオーダーをしにいきます。その際レシートを持参してくださいね。飲み物はコーヒー、カプチーノなど色々な種類から選べました。その際「クロワッサンつける?」と聞かれ、試してみることに。巨大なクロワッサンだったので持ち帰ることにしました。

今なら4時間24ドルのプロモーションをしているので、その場合「ドリンク➕スナック」がつくんだそう。ランチとしてここで食べちゃえばお得かもかもしれませんね。その他、駐車場が4時間無料になるので助かります。追加で頼みたい時はこちらのメニューから。

ミーティングルームがあるので、ここは予約必要かもしれません。オフィスがない人たちに持ってこいです。

マスクハンター

シンガポールらしく、チェックする人が巡回していました。食べ終わってマスクをし忘れて作業していると、「マスク」と指摘してきました。コロナ感染対策もバッチリ?なようです。

割引

チャンギ・リワードカードを持っていると10%の割引を受けられます。その他、クルー割やエアポートスタッフ割も適用されますので、チェックイン時に提示してみてくださいね。

https://rewards.changiairport.com/en/signup.html

テレワーク、フリーランスにとっては便利な施設

外での業務がOKのテレワーク、家族が家にいて仕事に集中できない人、フリーランスでどこででも仕事ができる人にとっては落ち着ける場所なんじゃないでしょうか。仕事に集中できるBGM、図書館みたいに飲食禁止ではないですし、カフェ感覚で利用できます。しかもチャンギ空港の接客ブランドつき。ダウンタウンにあるコワーキングスペース的な場所なのかな。

コロナ禍でエアラインのみならず、航空業界の多くが大打撃を受けています。私はその打撃を受けた張本人ですが、この業界が大好きですし、「出来る限り同業者たちの力になれれば」とサポートしています。こういう時こそ助け合いたいものですね。空港の近くに住んでいる人は、是非!

はああ…まだこんなに便数が少ない。

おすすめ