コロナウイルス

仕事復帰!コロナ禍のフライト・ニューノーマルで一喜一憂

皆さんこんにちは!シンガポール在住の客室乗務員のアザラシです。今回、2021年6月に仕事復帰したときのことをまとめました。コロナ前とは打って変わって新しい取り決めがたくさんあり大変です!

ニューノーマル

普段の生活でも手洗い・マスク・消毒・ソーシャルディスタンスが新たな常識となりました。飛行機のオペレーションでもルールが設けられたので、そちらを紹介していきます。

画像3を拡大表示

PPE着用(個人用防護服)

感染から守るため、乗務員は全員PPEを着用します。医療用マスク・ゴーグル・防護服・手袋の4点。ゴーグル以外は全て使い捨てです。乗客の前では常にこれらを着用します。行き先によっては、靴カバーとヘアキャップが強制される場所もあります。時々お子様が搭乗するのですが、この風貌は怖がられて終了。挙句の果てには泣かれてしまうことも…

唯一使い捨てではないゴーグルは、消毒の仕方も決められています。アルコールワイプで内側→鼻パッド→外側を拭くことに。

フライトが終わると、消毒液を毎回散布しながら防護服を脱ぎます。脱衣する仕方・順序も決められています。使用後のPPEは指定のバイオハザード袋に入れ、指定の場所に置いてから飛行機を離れます。

PPEを着用しているととても暑いです。デトックスに良いかもしれませんね!!

画像4を拡大表示

消毒液ボトルを常備

各ギャレーに消毒液のボトルが常備されるように。アルコールを含むので、火気厳禁。常にオーブンから離して置くように言われています。離着陸の際は、所定の場所に置くことが義務付けられています。

飛行機から出られない!?

往復便の場合、飛行機から出ることができません。まず行きのお客様が降りたあと、清掃が入ります。(ワクチン・24時間以内のPCR検査済み)ある国を除き、その間、外に出ることができません。

現地のグランドスタッフとも近づくことが禁止されています。個人によりますが、私は書類の受け渡しをする際は、二重で手袋を着用し、毎回消毒をしています。国によっては、航空関係者でもワクチンを受けておらず、防護服を着ていないところもあるからです。(手袋していないのが一番怖い)パーザーによっては、彼らに予備の医療用手袋を付けさせる強者もいます。

サービス簡略化

お食事のサービスは必要最低限にするよう言われています。お客様とのコンタクトを最小限にするためです。搭乗時に税関申告書、入国カード、消毒ワイプなどが入ったパックを1度にお渡しし、あとは食事サービスのみにしています。免税品の販売は停止となりました。

サービスが少なくなると、暇になるのでは?と思われるのですが、その代わり新たなコロナに関するマニュアルがたくさんあるので、それを覚える時間に使っています。

検疫スペース

機内でコロナと見られる発症者が出た時のため、後方の席列を「検疫スペース」として確保しています。この席は予約ができない上、通常の乗客が座ることも許されていません。

もし発症者が出た場合、そのゾーンに座ってもらい、こちらで用意したN95マスクを着用してもらいます。コックピットから目的地の空港警察に連絡し、そのままコロナ患者を扱っている病院へ搬送することになっています。

画像2を拡大表示

入国審査

シンガポールに到着する際、乗り継ぎ客とシンガポールに入国するお客様は分けて降機するようになっています。特に感染者や重症者が多い国からの乗客は、最終目的地がシンガポールの場合、今は使われていないターミナル4に移送されます。そこで入国審査・ホテル隔離へと専門のスタッフが誘導します。

乗務員はお客様とは別の入国カウンターを使用することになりました。こちらもコンタクトを最小限にするためです。

ホテル隔離

シンガポール政府が指定する「コロナ安全国」以外に直近14日以内滞在した場合、ワクチン接種の有無に関わらず、ホテル隔離が義務付けられます。最近、数カ国で自宅待機可能になったと聞きましたが、依然マジョリティはホテル隔離です。

日数は滞在していた国によります。14日か21日間です。入国審査を終え、空港PCR検査をした後にセキュリティスタッフにバスまで誘導されます。行き先は伝えられず、まさにミステリー・ツアー!ちなみにホテル隔離は自己負担で、14日の場合、大体2000シンガポールドルです。

乗務員のPCR検査

乗務員はワクチン接種(選択可)の他、週1以上のPCR検査が義務付けられています。ワクチンを接種していない場合、PCR検査の回数が週1より多いと聞きました。

この週1のPCR検査を1日でも忘れてしまうと、90日間の乗務停止になります。食べていけなくなります。だから気をつけてスケジュールを確認しています。

いつもシフト表に掲載されているので忘れることはないのですが、たまに危険国から帰ってきた場合、検査が週2のペースになることもあるので、常に確認が必要ですね。

画像3を拡大表示

まとめ

ということでフライトオペレーションはコロナ前と比べ、「パンデミックに対する取り決め」が多くなった印象です。お客様と接するフロントライン・ワーカーとして、できる限りのことをしているのかな。

これらのルールはコロコロ変わるので、その都度脳内をアップデートさせる必要がありますが、これも乗客と乗員の安全を守るため。コロナが落ち着いたら、通常のサービスができることを願っています。

それではまた空の上でお会いしましょう!!

1日で往復!?外資系CAの1日・バンコクターン編

(Visited 30 times, 3 visits today)

おすすめ