腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニア入院前検査!医療用コルセットも作ったよ

皆さんこんにちは!腰椎ヘルニアになったアザラシです。今回は入院前検査を行い、医療用コルセットを作成したので簡単にまとめていきますね。

入院前検査

前回の記事で近所の整形外科クリニックから内視鏡手術ができる病院を紹介してもらいました。紹介状と画像CD-Rを持ち、先生がMRIの画像を見て手術可能か診断。その日のうちに入院前検査となりました!

腰C T

MRIのような機械で腰のCTを撮っていきます。MRIと同じく、金具がついた衣服はNGです。私は事もあろうか、その日は偶然下着に金具がついていて焦りました。それは脱げば良かったのですが、ズボンにもジッパーが…これ以上脱げなかったので、ズボンを腰の位置までずらしてCTを撮ることに。ご迷惑をかけた技師さん、大変申し訳ございませんでしたー!!

胸レントゲン

これは普通の健康診断と同じです。幸いブラトップを着ていたので、下着を脱ぐ必要はありませんでした。

採血・尿検査・心電図

採血は会社で実施されていた健康診断の看護師さんより上手!!結果は全て問題なかったみたいです。

診察アゲイン

最後にまた執刀医の診察です。検査は問題がなかったので、手術について詳しく説明を受けました。全身麻酔なので、その同意書にサイン。少ない確率ですが、手術による後遺症等が残る可能性があるなどなど。とても丁寧に説明していただき感謝!

実はその先生、この病院の副院長だったようで。(若そうに見えるから驚愕)そういう説明は看護師がするものだと思っていました。なんだかとても恐縮です…

なかなか手術の日程が空いていないということで、予定日は1ヶ月後となりました。その間、医療用コルセット作成・入院前PCR検査を行うとのこと。お薬は1ヶ月分処方してもらいました。

コルセット作成

医療用コルセット

巻く事で外側から身体の中心に内向きの力を加える事で腹圧を高め、腰への負担を軽減させてくれます。

痛いという感覚は身体にとっての危険信号でもあるので、痛みが出る動作はなるべく回避させたほうがより速い回復が見込めます。

そのため曲げたり反らしたり動作時に痛みが出る場合は、腰痛バンドやコルセットを巻く事で可動域制限が出来るので、再び腰を傷めるのを防止するのにも良いみたい。

手術後のリハビリで使用するらしいので、入院するときに持っていきます。

採寸

病院外から技師装具士さんが来院。ウエスト、ヒップ、胸下の採寸を行いました。装具士さん…すごく腰が低くて親切な方だったのですが、メジャーで計るたび何センチか呟くんです。おかげで現在の2サイズを知ることとなってしまいました。まぁ新たなダイエット目標ができて良い機会となりました!!

受け取り

コルセットは大体2週間で出来上がりました。まず装具士さんがコルセットを巻き付けて下さり、今度は自分で装着。自分が装着するもののオーダーメイドなんて初めてです。それが腰痛コルセットとは皮肉なこと…!!(装具士さん申し訳ございません)

その後お支払い。代金は病院で支払うのではなく、コルセット受け取りの際に全額(10割)を現金でお支払いしました。このコルセットは健康保険がきくため、領収証などをお役所に持っていけば3割負担で済むみたいです。

入院2日前PCR検査

もう何回もしているPCR検査…長い綿棒のグリグリはシンガポールを思い起こさせます。

最初は涙ドバーでしたが、慣れてくると涙も出てきません。今回も同様、頭を後ろに少し傾けて綿棒IN!!相変わらず中のグリグリ5回転が痛いです。なぜか懐かしい感覚。

これで陽性だったら自宅に連絡、陰性だったら連絡なしとの事です。

次回は入院前に必要なものをまとめます。

それではまたー!!

(Visited 125 times, 1 visits today)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。