エアライン コロナウイルス

コロナで帰国!インドネシア人のワーカーさんの未来はどうなる?

先週、私が乗務したフライトで乗務拒否したお客様がいました。

某国からトランジットでシンガポールの空港を利用したお客様。空港に着いた途端、いきなり発狂。私たちがゲートに着いたときから、セキュリティ5人に押さえつけられていました。悲痛な叫びでした。英語ではなかったので何を言っているのか分からず、その言語を理解するクルーに聞いたところ、「もう何もかも嫌だ!」と叫び続けていたそうです。

搭乗拒否

かわいそうですが搭乗拒否になるだろうなぁ、と思いながら機内の安全チェックを行っていました。数十分後、案の定パーサーとキャプテンがそのお客様の搭乗拒否を決めたのです。このようなお客様は、離陸してから他のお客様、クルー、そしてコックピットに危害を加える可能性があるからです。

この措置はコロナ以前から行われています。一旦飛びたってしまうと、機内は孤立した空間になります。警察・警備・救急隊員・医師などの助けがありません。だから危険因子を見つけたら、できるだけ乗せないことにしています。

画像1を拡大表示

発狂した理由

しかし驚くことにその発狂していた人の奥様が私たちのフライトに乗ってきたのです!!少し時間があったので詳細を聞いてみると…

「コロナで仕事を失った。母国へ帰るが、向こうもコロナで大混乱だ。彼は私たち家族、そして彼の両親たちも養っていた。仕事がなくなったら、これからどうしていけばいいのか分からない。」

「彼は人一倍とても真面目な人だ。今まで溜まっていた感情が爆発してしまったのかもしれない。彼はシンガポールの病院に搬送された。私も一緒に付き添いたかったが、シンガポールに入国できるビザがない。帰りの航空券を買うので精一杯だった。それに今はコロナで入国するにはホテル隔離で新たに20万くらい支払わなければならない。」

と、泣いていました。なんだかとても居たたまれなくなりました。

画像2を拡大表示

まとめ

私たちはコロナで多くのものを失いました。仕事、愛する人たち、お互いを思いやる気持ちまで…とても辛いです。でも諦めないで、少しでも希望を持ってほしい。いつか報われる日が来るかもしれないから。

コロナ禍下ではビジネス利用や観光客がいなくなり、様々なバックグラウンドをお持ちのお客様が搭乗します。そのほとんどがエッセンシャル・ワーカーです。(外国人に頼ってる国)

この状況から今まで知ることのなかった世界を垣間みることが多くなりました。このような人々を目の当たりにして、今私たちに何ができるのか、少しでも考えられるキッカケになれれば嬉しいです。

機内で陽性者が出たらどうなるの?シンガポールのゼロコロナ対策

(Visited 23 times, 1 visits today)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。